NuCode Inc.

株式会社NuCode(株式会社ニューコード)を1月5日に設立しました。
Nu(New)Concept Of Design and Engineeringの頭文字(デザインとエンジニアリングの新しいコンセプト)でNuCodeです。

Nu(新しい)+Code(コード・様式・遺伝子・暗号・etc…)

新しいルールや様式、新しい遺伝情報、新しい暗号、新しいプログラミングコード…そういう意味合いを込めた名前です。自分の両親や祖父の世代でも覚えやすいように、ニューもコードも日常生活で使われる単語の組合せになっています。だが、しかし…会社名を英文登録したのは良いのですが、当初の狙いに反して「Nu」をニューと読んでくれる人の少ないこと(爆笑)欧米圏では普通に伝わるんですけどね。音楽のジャンルではNuJazz(ニュージャズ)やNuDisco(ニューディスコ)、NuNRG(ニューエナジー)などNuを新しい何かという意味で使う事が多いようです。
こんなに御託を並べたのですが、実はNuを使ったそもそものきっかけは、nとuというカタチの対称性が美しいなあという所からスタートしています。nとuそれぞれで、陰と陽、デジタルの1と0。nとuを組合せて矩形波(やSin波)を表します。最もシンプルな音の断片。1と0が遺伝子や暗号の原点ってのは素敵だと思いませんか?なので、皆に、ヌコデさんとか、ヌーコードと呼ばれても、いや…これには深い意味があるんだ、と心を強く持って生きようと思います(笑)

 
7
Kudos
 
7
Kudos